新型コロナウイルス感染症への政府の取り組みを検証した「新型コロナ対応・民間臨時調査会」は8日、東京都内で記者会見を開き、緊急事態宣言の発出や全国一斉休校の要請など一連の施策を「場当たり的な判断の積み重ねだった」と指摘した。危機管理体制の強化を求めたほか、政府として対応を検証する重要性を訴えた。

 報告書では、多くの施策が戦略的に練られていなかったと強調した上で「今後も危機管理がうまくいく保証はない」と断じた。欧米と比べて死亡率や経済への打撃を抑えられたことは評価した。