農林水産省は8日、飲食業界の支援事業「Go To イート」で今月1日に始めたポイント付与事業について、千円未満の夕食など付与額より低い飲食を対象から外すと発表した。下限設定などの対応を取るよう、インターネットの予約サイト運営会社を通じて飲食店側に求めた。ポイント目当てに少額の食事を注文する利用がネット上で話題になり、開始1週間で制度の見直しを迫られた。

 新型コロナウイルスに対応した政府の需要喚起策「Go To キャンペーン」を巡っては「トラベル」のスタート時にも東京除外に絡んで問題が生じた経緯があり、混乱が相次ぐ形となった。