来日している世界陸連のセバスチャン・コー会長(英国)は8日、東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる国立競技場(東京都新宿区)で、将来、世界選手権を開催したい意向を表明した。

 コー会長は五輪の大会組織委員会の森喜朗会長と都内で会談。森氏が「国立競技場をオリンピックメモリアルのグラウンドとして利用することを考えていただければ」と伝えると、コー氏は「世界選手権を開催するのに、ふさわしい競技場だと実感した。自治体や日本陸連の協力も得て、また東京で開催してもらえれば」と語った。

 国立競技場は、政府が五輪後に球技専用に改修する方針を決定している。