松田邦紀駐パキスタン大使は8日までに、東京都内で共同通信の取材に応じ、パキスタンからのIT人材受け入れに向け、日本とパキスタン政府が双方の大使館に担当者を配置するなど連携し、本格的に推進していく方針であることを明らかにした。日本ではIT人材の慢性的な不足が続いており、中小企業を中心とした需要に応えたいと意気込んでいる。

 松田氏によると、パキスタン政府は近く、在日パキスタン大使館にIT人材を専門に扱う外交官を派遣。イスラマバードにある日本大使館にも担当の現地職員を増員し、日本側の企業とパキスタンのIT技術者の橋渡しを担い、ビザ発給などを支援する。(共同)