【サンパウロ共同】ブラジル保健省は7日、新型コロナウイルス感染者の累計が500万694人、死者が14万8228人になったと発表した。感染者が500万人を超えたのは米国、インドに続き3カ国目。死者は米国に次ぎ2番目に多い。

 ブラジルは9月19日の発表で感染者が450万人を超えた。感染のペースは抑制傾向にあったが、現地メディアによるとビーチなどに人が密集する光景が見られ、再び急増するのを懸念する声もある。

 汎米保健機構(PAHO)のエティエンヌ事務局長は7日、ブラジルを含む北南米地域で依然感染が拡大し、子どもや若者の感染も増えていると述べた。