日本原子力研究開発機構は7日、茨城県の原子力科学研究所核融合炉物理実験棟の消火栓ポンプ室で、小規模な爆発があったと発表した。作業員1人が顔や腕に軽いやけどを負った。放射線非管理区域で、放射性物質の漏えいはない。

 同機構によると、7日午後4時半ごろ、消火栓設備の一部の補修作業で、引火性ガスを含む洗浄液を使用中に誤ってヒートガンの熱風を当てたため、爆発した。火や煙は出なかったため、消火の必要はなかった。

 この日は消火栓の定期点検で、けがをした作業員を含む5人で作業に当たっていた。爆発による設備の破損もなかった。