両チームともに決め手を欠いた。日本ハムは1点を追う六回に王柏融の適時二塁打で追い付き、さらに3者連続四球で1点を勝ち越した。楽天は七回に浅村の適時打で同点としたが八回無死一、二塁の好機を併殺打などで逸した。