スポーツ庁は7日、小中高校の体育で武道や球技を実施する際の新型コロナ対策をまとめ、全国の教育委員会などに通知した。剣道は「面」「小手」といった発声を控え、サッカーやバスケットボールなどの球技は5人以内で行うよう求めた。

 スポーツ庁は、秋以降に実技の再開が見込まれ、注意点を知りたいという教委からの要望に応えて各競技団体の対策を参考に具体例を示した。

 剣道では「面」などの発声や、防具の使い回しを控えることを推奨。柔道では、寝技で子ども同士の頭が密着しないように注意が必要だとした。

 球技の練習や試合は3~5人のグループに分かれることを目安に設定した。