物品購入で便宜を図った見返りに動物用医薬品などを扱う業者から現金計約64万円などを受け取ったとして、鹿児島県警は7日、収賄の疑いで鹿児島大共同獣医学部教授の窪田力容疑者(55)を逮捕した。贈賄容疑で、「松窪動薬資材」社長松窪清一郎容疑者(51)と同社の営業担当社員竹宮紀子容疑者(49)も逮捕した。

 県警によると、3人は物品納入を通じて数年前に知り合ったとみられる。県警は同日までに容疑者宅などを家宅捜索。逮捕容疑以外にも金品の授受を繰り返していたとみて、押収品を分析するなどして裏付けを進めている。