自民党議員でつくる「日本の印章制度・文化を守る議員連盟」(はんこ議連)は7日、河野太郎行政改革担当相が進めるはんこ使用廃止について「全ての押印をなくすかのごとくミスリード(誤解)されている」として対応を求める方針を固めた。押印の意義を訴える要請文を8日にも加藤勝信官房長官に手渡す考えだ。

 要請文案では、電子決済サービスを悪用した預貯金の不正引き出し防止を挙げ「押印は依然として本人確認の最も有効な手段」と位置付けた。河野氏の発言が、行政手続き以外でも押印廃止を推進すると誤解されていると強調。「使用者や業界に大きな打撃を与えている」と懸念を示した。