沖縄県の玉城デニー知事は7日、菅義偉首相との初会談で米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り「普天間の一日も早い危険性の除去は喫緊の課題だ。辺野古移設とは別に対応してほしい」と述べ、協力を求めたことを明らかにした。

 玉城氏は、首相が官房長官時代に沖縄県の米軍北部訓練場の部分返還を実現したことなどを挙げ「高く評価したい」と述べた。一方、基地問題と振興策を結び付ける「リンク論」を巡っては「あってはならない」と重ねて強調した。

 玉城氏は茂木敏充外相とも面会。尖閣諸島周辺の領海で日本漁船が中国公船に追尾された問題に触れ、中国、台湾との漁業協定の見直しを求めた。