女性の遺体をスーツケースに詰め込んで愛知県西尾市の河川敷に放置したとして、死体遺棄罪などで起訴された中国籍の無職朴鐘日被告(31)=同県知立市=について、西尾署捜査本部は7日、2016年に別の知人女性の首を絞めたなどとする殺人未遂の疑いで再逮捕した。捜査本部によると、黙秘している。

 再逮捕容疑は16年12月下旬、仙台市の集合住宅敷地内で、住人で飲食店従業員の女性(34)を押し倒して馬乗りになり、首を絞めて殺害しようとした疑い。女性はけがをしたが、逃げて無事だった。