【平壌、北京共同】北朝鮮の首都平壌で、10日の朝鮮労働党創建75周年を前にさまざまな祝賀行事が始まった。10日には軍事パレードなどの大規模な行事が行われるとみられており、招待を受けた各地方の代表らが7日までに首都に到着した。

 6日には音楽に合わせたプロジェクションマッピングによる「照明祝典」が開幕。平壌第1百貨店の壁に「慶祝10・10」などの文字や、今年の最重要事業と位置付けられる平壌総合病院などの建築物、人々の生活風景が映し出され、軍人や市民らが見入っていた。