菅義偉首相は7日、沖縄県の玉城デニー知事と官邸で会談した。玉城氏との会談は首相就任後初めて。玉城氏は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に関し「対話による解決を求める」として、政府と県による協議の場の設置を要請した。

 玉城氏は会談で、沖縄振興を巡る協力も求めた。玉城氏によると、首相は「しっかり連携してやる」と応じたという。

 会談は玉城氏の要望で実現。ただ、政府は辺野古移設が「唯一の解決策」との立場を崩しておらず、着々と移設工事を進めている。

 玉城氏は首相との会談に先立ち、岸信夫防衛相とも意見交換し、移設工事の中止を改めて訴えた。