原子力規制委員会は7日の定例会合で、日本原燃のプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料加工工場(青森県六ケ所村)の安全対策が新規制基準に適合しているとする「審査書案」を了承した。事実上の審査合格。

 MOX工場は、原発の使用済み核燃料を化学処理(再処理)してプルトニウムやウランを取り出し、燃料として繰り返し使う国策「核燃料サイクル」の関連施設。7月に審査に合格した再処理工場で作ったMOX粉末を、一般の原発での「プルサーマル発電」に使う燃料に加工する。

 新規制基準下でプルサーマル発電を導入して再稼働した原発は4基で、工場の建設、稼働の意義が問われそうだ。