台風14号は7日、日本の南の海上を西寄りに進んだ。今後「強い」勢力に発達し、8日には大東島地方に接近、9日以降は奄美から西日本に近づく恐れがある。気象庁は暴風や高波、大雨による土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

 予想進路の範囲を示す予報円が依然として大きいが、西日本では大荒れの天気となりそうだ。

 気象庁によると、台風接近に伴い、沖縄では7日夜、奄美では8日、非常に強い風が吹く見込み。九州南部・奄美では9日にかけて、海上は猛烈なしけとなる。