磁気健康器具の預託商法を展開した「ジャパンライフ」の巨額詐欺事件で、警視庁などの合同捜査本部は、経営状態が破綻していることを隠し顧客から現金をだまし取ったとして、詐欺の疑いで元会長山口隆祥容疑者(78)ら14人を勾留期限の8日にも再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で7日分かった。

 捜査本部は9月18日、顧客12人から計約8千万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで山口容疑者ら14人を逮捕。44都道府県の高齢者ら延べ約1万人から計約2100億円を集めたとみて調べている。