【パリ共同】パリで開催されているテニスの四大大会の全仏オープンで、9月30日に行われた女子ダブルスのパトリシアマリア・ティグ、アンドレア・ミトゥ組(ルーマニア)とマディソン・ブレングル(米国)ヤナ・シジコワ(ロシア)組の1回戦に八百長疑惑が浮上し、フランスの検察当局が捜査を開始したと6日、ロイター通信が報じた。

 試合はルーマニアのペアが7―6、6―4で勝った。