【パリ共同】フランス大統領府は6日、世界的服飾デザイナー高田賢三さんが4日に死去したことを受け、声明を発表した。マクロン大統領夫妻は「私たちのスタイルに色彩と自由をもたらした」とキャリアをたたえ、哀悼の意を表した。

 声明は「彼は日本のデザイナーで最も有名で、最もフランス的でもあった」と高田さんを評し、「(ケンゾーの)名は世界中で、陽気で花にあふれ、色彩豊かなエレガンスの代名詞となった」と指摘した。

 渡仏後の1970年代に「大胆かつエネルギーにあふれた旋風」をファッション界に巻き起こしたと振り返った。