J1のG大阪からJ2磐田へ期限付きで加入した元日本代表MF遠藤保仁(40)が6日、磐田の練習参加後にオンライン取材に臨み「J1昇格のために全力を尽くす。簡単に諦めることはない。合流したばかりだが、強い気持ちで取り組みたい」と抱負を語った。

 1年でのJ1復帰を目指す磐田は残り18試合で昇格圏の2位と勝ち点16差の13位だが、百戦錬磨の司令塔は「十分間に合う。連勝すれば一気に上に行く可能性がある」と意気込んだ。鈴木秀人強化部長はゲームコントロールやセットプレーに期待を寄せ「若手の見本になる」と話した。