【ストックホルム共同】スウェーデンの王立科学アカデミーは6日、2020年のノーベル物理学賞を、ブラックホールの研究で成果を上げた英オックスフォード大のロジャー・ペンローズ氏(89)ら欧米の3人に授与すると発表した。

 ペンローズ氏はアインシュタインの一般相対性理論を基にブラックホールが形成されることを理論的に証明。他の2人は目に見えないが極めて重い物体がわれわれの銀河系の中心にあることを観測で発見した。その正体がブラックホールであると考えられている。

 授賞式は新型コロナウイルスの流行を考慮し、オンラインで12月10日に開かれる。