米ホテル大手マリオット・インターナショナルと積水ハウスは6日、各地の道の駅周辺にホテルを展開する試みを始め、第1弾として岐阜県美濃加茂市に「フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜清流里山公園」を開業した。訪日客らの地方への観光需要に応え、地域経済を活性化するのが狙い。

 年内は京都や栃木、三重で順次オープン予定。2025年までに全国25道府県で計約3千室を展開していくという。

 同ホテルは3階建てで客室は全85部屋、1室1万2100円から。宿泊特化型で、食事や土産は道の駅や周辺地域の店を利用してもらう。