JR東日本は6日、水素を活用する燃料電池と一般的な蓄電池を搭載した「ハイブリッドシステム」の試験車両をトヨタ自動車や日立製作所とともに開発し、2022年3月ごろに鶴見線や南武線で実証実験を行うと発表した。車両の愛称は春の訪れを告げる鳥として知られる「ひばり」とし、車両に新たなエネルギーを吹き込むイメージのロゴをデザインした。

 試験車両は2両編成で、トヨタの燃料電池4台を装備。蓄電池も組み合わせた制御システムは日立が担う。最高速度は時速100キロで、航続距離は最大140キロ。実験費用は総額約40億円という。