映画「とんかつDJアゲ太郎」(30日公開)のPRイベントが東京都内で開かれ、俳優の北村匠海、山本舞香、伊藤健太郎が登場した。北村は「音楽と笑い、人間の成長が描かれている。ぜひ劇場で体感してほしい」とアピールした。

 北村演じるとんかつ屋の3代目・アゲ太郎がDJに弟子入りし「とんかつもフロアもアゲられる男」を目指して奮闘するドタバタ劇。ヒロイン役の山本は「北村君はコメディーが初めてなので、いつも本番前に1人で変顔をして、顔をほぐしていた。一生懸命だなと思った」と舞台裏を明かした。

 見どころは「北村君のわがままボディー」と山本。撮影時、北村は今より約8キロ太っていたという。北村は「役作りではなく、何も気にせず飲み食いした結果。でも、とんかつ屋の息子だから、ぷよぷよでもいいじゃないか」と開き直った。

 伊藤もDJ役で、劇中で北村とライバル関係となる。プライベートで親交があるが、共演は2016年以来だ。伊藤は「(北村と)2人で『売れようぜ』って言いながら、バスに乗って帰った頃を思い出した」と感慨深げに語った。

 最後に「いい肉」にちなみ、リモートで集まったファン129人とキャストが一斉にとんかつを食べ、ヒットを願った。北村は「人生でこんな体験は二度とない」と笑顔で締めくくった。

 イベントには他に加藤諒、浅香航大、栗原類、ブラザートム、人気グループ「TRF」の「DJ KOO」も出席した。