長崎県警のパトカーが秋の全国交通安全運動中だった9月、長崎市の一方通行の市道を逆走し、交通反則切符を交付されていたことが6日、捜査関係者への取材で分かった。昨年10月にも覆面パトカーが同じ場所で逆走や信号無視をし、反則切符を交付されている。

 捜査関係者によると、9月29日午前1時45分ごろ、公務中の警察官3人乗りのパトカーが、赤色灯を点灯させながら長崎市銅座町の一方通行の市道を逆走。現場は片側1車線の対面通行だが、午後10時から翌日の午前3時まで、約200メートルの区間が規制される。

 通行人が逆走の様子を撮影し、動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿した。