【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク州のクオモ知事は5日記者会見し、新型コロナウイルスのホットスポット(一大感染地)が発生したニューヨーク市の一部地域で6日に学校を閉鎖すると明らかにした。超正統派ユダヤ教徒の大規模集会を禁止する可能性にも言及した。

 ニューヨーク市のデブラシオ市長は4日、市南部ブルックリンと東部クイーンズの9地区で新型コロナの1週間平均の陽性率が基準の3%を超えたとして、学校を7日に閉鎖すると発表。一般企業の営業停止や飲食店の店内飲食禁止も同時に実施するとしたが、クオモ氏は学校閉鎖以外については判断を留保した。