プロ野球ロッテは6日、新たに荻野貴司外野手、鳥谷敬内野手ら1軍の7選手を含む11人が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。球団内の感染者は、4日に判明した岩下大輝投手らと合わせて13人となった。6日のオリックス戦は千葉市のZOZOマリンスタジアムで予定通り開催された。

 陽性と判定された選手は他に角中勝也外野手、清田育宏外野手、菅野剛士外野手、藤岡裕大内野手、三木亮内野手。伊志嶺翔大コーチとチームスタッフ3人も陽性だった。球団によるとスタッフの1人に熱やせきがある以外は無症状だという。感染経路は不明。