【ロンドン共同】映画館運営大手の英シネワールドは5日、米国と英国の全映画館を8日から一時閉鎖すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により需要が落ち込んだのに加え、映画会社が新作公開に消極的なためという。人気スパイ映画「007」最新作の公開が延期となったことが響いたとみられる。

 新型コロナ流行で映画や演劇といった娯楽産業が受けている打撃が鮮明となった形だ。

 閉鎖されるのは英国の127館と米国の536館。約4万5千人の雇用に響くと説明している。シネワールドは声明で「状況を引き続き注視し、適切な時期に営業再開の計画を明らかにする」と説明した。