【パリ共同】テニスの全仏オープン第9日は5日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルスで4年ぶり2度目の優勝を目指す第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、4回戦で第15シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)を6―4、6―3、6―3で下し、11年連続14度目の8強入りを決めた。

 女子シングルス4回戦で今年の全豪オープンを制した第4シードのソフィア・ケニン(米国)が世界ランキング49位のフィオナ・フェロ(フランス)に2―6、6―2、6―1で逆転勝ちし、初めて準々決勝に進んだ。