台風14号は6日、日本の南をゆっくりと西寄りに進んだ。今後「強い」勢力に発達し、10~11日にかけて本州に接近する恐れがある。台風の北上に伴い、西日本と東日本で前線の活動が活発となり、大雨となる可能性がある。

 気象庁によると、台風は6日正午現在、日本の南の海上をゆっくりと西北西へ進んだ。中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心から半径440キロ以内は風速15メートル以上の強風域。