茨城県ひたちなか市で生後1カ月の長女舞香ちゃんをドアにたたき付け、腹を殴るなどして死亡させたとして、殺人の疑いで逮捕された父親で会社員の小沼勝容疑者(28)が「泣き声でストレスがたまってやった」と暴行したことを認める供述をしていることが6日、捜査関係者への取材で分かった。殺意は否認している。

 また、暴行は7月15日ごろから始まり、23日に受診するまでの間、繰り返し行われていた疑いがあることも県警への取材で判明。舞香ちゃんは24日早朝、急性硬膜下出血や内臓損傷で死亡しており、県警が経緯を調べている。