【ワシントン共同】新型コロナウイルス感染で入院していたトランプ米大統領が5日夕、首都ワシントン近郊のウォルター・リード軍医療センターから退院し、3日ぶりにホワイトハウスに戻った。11月の大統領選まで残り1カ月を切る中、「近く選挙運動に復帰する」とツイッターで宣言。早期に通常職務に戻る姿勢を示し、劣勢挽回を図る考えを鮮明にした。

 ホワイトハウスに到着したトランプ氏は記者団に、体調は「とても良い」と答え、マスクを外して飛び立つヘリコプターを見送り、屋内に入った。他のスタッフらを感染させる恐れのある安全軽視の行為に専門家から批判が相次いだ。