5選手が新型コロナウイルスに感染したプロ野球阪神で、球団独自の濃厚接触者扱いとして離脱中の福留孝介外野手が5日、自主練習を再開した兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で陳謝した。参加者に感染が判明した先月19日の会食で、球団が定める上限の2倍の8人で出席。「一番の年長者(43歳)でありながらルールを破ってしまい、本当に申し訳ない。反省しないといけない」と話した。

 球団内の感染判明が発表された25日から東京都内で隔離され、今月4日に関西に戻った。5日の検査で陰性が改めて確認されて練習を再開。「迷惑を掛けた分は、グラウンドで返せるようにやっていく」と力を込めた。