【イスタンブール共同】北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は5日、トルコ首都アンカラを訪問し、チャブシオール外相と会談した。東地中海の資源探査を巡るトルコとギリシャの緊張緩和を進めるために協議。ストルテンベルグ氏は6日にはギリシャを訪問する。

 トルコとギリシャはともにNATO加盟国だが、8月にトルコが係争海域で資源探査を強行し、関係が悪化した。双方が艦艇を派遣したり、軍事演習を行ったりして緊張が高まったが、9月下旬にドイツの仲介で予備的協議再開に合意し、対話機運が出ている。