日本と米国、オーストラリア、インドの4カ国外相が6日、東京都内で会合を開く。4カ国が共有する「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現に向けた連携強化を確認する。地域で影響力を増す中国をけん制する狙いがあり、どの程度強いメッセージを発信できるかが焦点だ。菅義偉首相は就任後、初となるポンペオ米国務長官との会談を予定している。

 4カ国外相は昨年9月に米ニューヨークで初会合を開き、今回が2回目。新型コロナウイルスの感染拡大後、日本で開催される初の閣僚級国際会議となる。ポンペオ氏と茂木敏充外相、オーストラリアのペイン外相、インドのジャイシャンカル外相が出席する。