地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備候補地だった秋田市の市民団体「STOPイージス!秋田フォーラム」が、計画浮上から撤回までの約2年半をまとめた記録集を発刊した。団体の桜田憂子代表は「何があったのか、多くの人に知ってもらいたい」と話す。無料で配布している。

 秋田への配備計画は17年に明るみに出たが、今年6月に撤回された。記録集では、時系列の流れや地元での反対運動の紹介とともに、昨年の参院選で野党統一候補として配備反対を訴え初当選した寺田静参院議員らの寄稿を掲載している。

 問い合わせ先は秋田県平和センター、電話018(833)8354。