立憲民主党の安住淳国対委員長は5日、自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談し、日本学術会議が推薦した新会員候補者6人の任命を菅義偉首相が拒否した問題を7、8両日の衆参内閣委員会で議題として扱うよう求めた。加藤勝信官房長官か井上信治科学技術担当相の出席も要求した。森山氏は検討して6日に回答するとした。

 内閣委員会は、新型コロナウイルス対策に関する閉会中審査を実施する予定で日程が組まれた。会談後、安住氏は記者団に「看過できない問題だ。責任者と質疑させてもらいたい」と述べた。

 任命拒否問題を巡っては、与党からも説明を求める声が出ている。