吉野家は4日、創業以来初の黒毛和牛を使った新商品「黒毛和牛すき鍋膳」を5日から全国の店舗で販売すると発表した。約50万食の数量限定となり、手頃な価格で満足感が得られるよう価格は998円(税別)で提供する。新型コロナウイルスの影響で需要が激減している和牛の消費拡大と集客増を狙う。

 鍋にしても食べ応えがある赤身が多い大判のすきやき肉を使用。鉄鍋に生肉状態で入れ、野菜や豆腐、きしめんなどと一緒に特製のたれで煮込んだ。店内飲食では、ご飯と生卵、漬けものがセットになる。