前橋市のラブホテルに強盗目的で侵入、経営者の堀越つる子さん(71)を刃物で刺し殺害した疑いが強まったとして、群馬県警は、別の詐欺容疑で逮捕したベトナム人の男(30)を5日にも、強盗殺人と建造物侵入の疑いで再逮捕する方針を固めた。4日、捜査関係者への取材で分かった。

 事件は9月10日午前9時半~50分ごろ、前橋市富士見町のラブホテル「ポエム」敷地内で、堀越さんが背中を刃物で刺され殺害された。

 捜査関係者によると、男は堀越さんを刺殺し、ホテル事務所の金を盗んだ疑いがもたれている。凶器は「現場近くに捨てた」という趣旨の供述をしているといい、県警が調べている。