立憲民主党の枝野幸男代表は4日、金沢市内の党会合で、日本学術会議が推薦した新会員候補者6人を菅義偉首相が任命しなかった問題について「気に入らない者を排除する。(国会で)数を持っているから何をやってもいいというのは間違った民主主義だ」と政府の対応を批判した。

 学術会議は新会員候補105人を推薦。首相は、このうち安全保障関連法などに反対した法学者ら6人の任命を見送った。

 立民の福山哲郎幹事長は広島市内で記者会見し、会員は日本学術会議の推薦に基づき首相が任命すると規定した日本学術会議法に触れ「首相が排除したとなれば法解釈を変えたことになる」と指摘した。