フィギュアスケートの近畿選手権最終日は4日、大阪府臨海SCで男女のフリーが行われ、女子はショートプログラム(SP)首位の坂本花織(シスメックス)がトップの143・47点をマークし、合計218・35点で優勝した。

 SP4位の河辺愛菜(木下アカデミー)が2位の130・56点を出して合計188・48点の2位。昨季の全試合を体調不良で欠場し、復帰戦となった三原舞依(シスメックス)は3位の113・69点、合計173・38点で3位に入った。