政府の観光支援事業「Go To トラベル」の対象に東京発着の旅行が追加されて初の日曜日となった4日、各地の観光地はにぎわいを見せた。新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、「経済も大事」という声が上がった。

 秋晴れとなった鹿児島市の繁華街・天文館には多くの観光客や買い物客が押しかけた。「Go To トラベル」を利用して家族3人で訪れた東京都調布市の会社員の男性(55)は「東京発着が追加されたことが旅行のきっかけになった。自粛生活も続いたので温泉で癒やされたい」と笑顔で話した。

 東京・羽田空港の到着ロビーは、大きな荷物を持って行き交う客の姿が目立った。