スピードスケート・ショートトラックの全日本距離別選手権最終日は4日、長野県の帝産アイススケートトレーニングセンターで行われ、女子1000メートルは菊池純礼(富士急)が制し、前日の500メートルとの2冠を果たした。神長汐音(全日空商事)が2位に入った。

 男子1000メートルは吉永一貴(中京大)が2年ぶりに優勝し、井上瑠汰(中京大)が2位だった。