【ソウル共同】韓国紙の朝鮮日報は4日、北朝鮮・平壌近郊の平城の工場付近で新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)や発射台付き車両(TEL)を米韓情報当局が確認したと報じた。10日の朝鮮労働党創建75年に合わせた軍事パレードで公開するもようだとの韓国政府関係者の話も伝えた。

 同紙によると確認されたのは9月末で、北朝鮮が2017年11月に発射した「火星15」より大きい。米韓情報当局は、複数の弾頭を搭載して米首都ワシントンやニューヨークを同時攻撃できる多弾頭型ICBMの可能性に注目しているという。