【ワシントン共同】米国務省は3日、ポンペオ長官が4日から予定しているアジア歴訪日程を短縮し、韓国とモンゴル訪問を中止すると発表した。日本には予定通り4~6日に訪れ、対中包囲網構築に向け日本、オーストラリア、インドとの4カ国外相会合などに出席する。

 ポンペオ氏は2日、トランプ大統領の新型コロナウイルス感染判明後、歴訪予定は変更しない考えをいったん表明していた。ただ、トランプ氏の容体は今後数日間、予断を許さない状況であることが3日判明し、日程短縮に踏み切った可能性がある。

 ポンペオ氏は当初、4~8日の日程で3カ国を歴訪する予定だった。