自転車の欧州三大ロードレースの一つ、イタリア伝統のジロ・ディタリアが3日開幕し、個人タイムトライアル(15・1キロ)によるモンレアーレからパレルモまでの第1ステージで、出場3度目の新城幸也(バーレーン・マクラーレン)はトップと1分54秒差の17分18秒で115位だった。フィリッポ・ガンナ(イタリア)がステージ優勝した。

 新型コロナウイルスの影響で開催が約5カ月延期となり、開幕地もブダペストからイタリア国内のシチリア島に変更された。25日にミラノでゴールを迎えるまで全21ステージで争う。(共同)