新型コロナウイルス感染症の拡大で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックで、大会組織委員会が選手村の食堂やフィットネスセンターといった共用施設での密集回避へ対策を検討していることが3日、複数の大会関係者の話で分かった。競技を終えた選手は速やかに選手村を退去してもらう案も浮上している。

 政府、組織委、東京都による9日の対策調整会議で、競技会場の感染対策などと併せて議論する見通し。感染リスクを低減し、選手が安心して過ごせる環境を整える狙いがあり、今後こうした取り組みについて国際オリンピック委員会(IOC)などと協議する。