沖縄県の玉城デニー知事は4日、就任から2年を迎えた。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する姿勢は堅持し、残る任期でも政府との対立は続く。ただ、有効な対抗策は見えていないのが実情だ。

 「辺野古に基地は造らせない。とことん腹を割って話し合う気持ちで臨めば、菅義偉首相も受け止める力量をお持ちだと思う」。玉城氏は2日の記者会見で、改めて「対話による解決」を呼び掛けた。しかし、政府は移設工事を着々と進めている。

 政府は4月、辺野古沿岸部にある軟弱地盤の改良工事のため、設計変更を県に申請。玉城氏は認めない方針で、新たな法廷闘争となる可能性もある。