広島は1分けを挟んで4連勝とし、中日戦の勝ち越しを決めた。1―2の八回に会沢が逆転の3点二塁打を放ち、松山の2点二塁打、長野の2ランで7点を挙げた。救援の島内がプロ初勝利。中日は福が崩れ、今季初の5連敗となった。