両チームともに決め手を欠いて引き分けた。巨人は九回2死満塁のサヨナラ機で丸が空振り三振に倒れた。ヤクルトは八回にエスコバーの適時三塁打で追い付く粘りを見せたが、その勢いを勝利に結びつけられなかった。